EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかのプールで会話を楽しむ男女

Pool

​プール​

EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかプール

Pool

プールでポーズをする女性
EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかのプールで会話を楽しむ男女

POOLの魅力

いくつになってもプールは楽しい!

初めて行った海外旅行のホテルを思い出してほしい。車から降りてロビーへ入ると大きな窓の先には美しく手入れされたガーデンが広がり、その中にキラキラと光るプールがあったはずです。プールでは、それぞれの過ごし方があります。もちろん泳ぐ人、読書する人、お酒を飲む人、お昼寝をする人。いろんな過ごし方をするのがPOOLの魅力です。

日本の場合、秋冬はPOOLをクローズにしてしまうことがほとんどです。やはりPOOLは水泳や競技用としての使い方になってしまっています。

EAST COAST FINEGLAMPING茨城ひたなかでは、グランピングのお客様に、泳げない時期を含め1年を通してプールを楽しんでいただけるように管理しております。日が暮れた後は、水中LEDが点灯し美しいナイトプールへと変わります。

また、全室プールに面していますので、海外旅行の気分でお過ごしいただけます。

STORY

オアシスの湖
オアシス

よき時代のアメリカの大平原を馬に乗って旅する旅人が、たどり着くオアシス。澄んだ湖のほとりに立ち並ぶキャンプのテント宿
そのオアシスの湖の役目となるのがこのプール。

EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかのプール

疲れた体を癒し、きらきらと輝く水面(みなも)は
心をきれいにしてくれる。
このプールはどのテントサイトからも眺めることができる。

プールの目的が「水泳をするところ」という考え方も正しい
しかし、ここにあるプールは「オアシスの湖」

海外での旅行先でのホテルを想像して欲しい。
車から降りてロビーへ入ると、その奥に大きな窓があり、
きれいに手入れされたガーデンがあり、
その中央にはきらきらと水面が光プールがある。
気持ちが高揚し、いつもの日常から解放されていく。

プールで泳ぐ子供

プールでの過ごし方には決まりはない。
楽しく泳ぐ子供達
ビールを飲みながら、ボーっとしたり、読書もいい。
夜になると、大人の雰囲気に変わり、飽きることをさせてくれない。

こんな魅力的なプールだからこそ、1年中そこで過ごしてもらいたい。
 

EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかの夜のプール

​プールへの想い

これほどまで、プールを熱く語る訳をお伝えしたい。
造園を学んでいた学生時代、はじめての海外旅行でアメリカ西部にあるナショナルパーク(国立公園)をレンタカーで冒険した。
気まぐれな旅で、宿はその日の夕方にたどり着いた町で探した。
広いアメリカには車での旅行者が多く、モーテル(モーターホテル)がその日の宿となった。
モーテルの中には、プールがあるところもあり、はしゃいで水遊びをした記憶が懐かしい。
話を聞くと、アメリカではプールが庭にある家庭も多いと聞いた。さすがアメリカだなと感心した。

プールの看板
プールに足をつける女性

大人になり、少しはいいホテルに泊まれるようになり、グアムのホテルのロビーに入った瞬間、
窓の外の景色に心を奪われた。きらきらと光るプールが目の前にあるのだ。
そこでは旅行者がそれそれの楽しみ方をしている。
チェックアウトを済ませ、我急げとプールに向かい、日常はどこかに消えちまった。

ドリームガーデンの社長になっていた自分は、「プールの文化を日本でも」と決意し、行動し始めた。
想いを共感してくれる人が、少しづつ増え、日本全国にプールを作っていった。
プールを作る人の多くは、お金持ちの人。
もっとたくさんの人に「プールっていいよね」という気持ちになってもらいたいという想いから、プールをシンボルとしたこの施設を作った。

 

EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかのプール
プールの水面
EASTCOASTFINEGLAMPING茨城ひたちなかのプール
gallery_BG.png

Gallery

テント